資格取得

トリマー学科は、東北で唯一、在学中に「JKCトリマーB級ライセンス」が取得できるほか、ペットのプロを総合的にサポートする資格取得に力を入れています。
また、動物看護学科では、認定動物看護師資格のほか、トリマー資格も取れるので、就職に有利です。
第一戦で活躍する講師が資格取得までしっかりと指導いたします!
資格イメージ

トリマーB級(一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC))

当校は平成25年度より国際的ケネルクラブである(一社)JKC公認の東北初のトリマー研修機関になりました。これにより在学中の1年次にトリマーC級を、2年次にトリマーB級のライセンスを受験し、取得することが可能です。一般試験で資格を取得する場合は、B級受験まで最低でも4年を要しますから、これも当校のトリマーを養成するための指導力とその実力のあらわれであり、その差こそが伝統あるキャリアの差であると考えています。

トリマーC級(一般社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC))

(一社)JKC公認のトリマー研修機関である当校は、動物看護学科生でも2年次においてトリマーc級を受験し取得できるところが大きな魅力です。動物たちの日々の健康状態を把握するためには、皮膚や被毛の状態を評価することは大切な要素です。そして最近では、動物病院でも業務のひとつとしてトリミングを行っているところが多くなってきました。ですから、動物看護師としてもJKCのトリマーC級を取得できることは、就職に大変有利なものとなります。

愛玩動物飼養管理士1級(公益社団法人 日本愛玩動物協会)

社会と動物の関わりについて様々な活動をしてきた実績のある団体です。欧米に比べて遅れていた日本のペットと人間の関わり方などに対して早くから社会へ普及活動に努めてきました。昭和56年には総理府指導のもと「愛玩動物飼養管理士制度」を発足。この資格はペット関連の仕事全般の必須ともいえるものです。1年次に2級、2年次に1級の資格が取得可能。東北愛犬専門学院は東北初の愛玩動物飼養管理士養成指定校です。

ハンドラーC級(一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC))

ドッグショーで、出陳犬たちをハンドリングするのがハンドラーです。ドッグショーは、各犬種の美の祭典ともいえますから、ハンドラーは、いかに自分の引いている犬が優れているか、その特徴をうまく引き出し、審査員にアピールします。当校ではそのハンドラーについても学習し、資格取得を目指します。

キャットグルーマー(NPO法人 日本動物文化技術協会)

猫は犬とともに世界的な2大コンパニオンアニマルです。当学院では猫学全般を学んだうえでキャットグルーマーの技術を修得し、在学中にライセンスの取得が可能です。

サービス接遇検定2級(公益社団法人 実務技能検定協会)

サービス接遇検定とは、あらゆる業界において必要となる接客・サービスに必要な専門知識やコミュニケーション能力を認定する資格です。トリマー、ペットショップスタッフ、そして動物看護師においても言葉遣いや適切な応対の仕方などは仕事に就く上でも重要な学習のひとつといえます。

認定動物看護師資格(動物看護師統一認定機構)

動物看護師の国家資格化については、数年前より議論が活発に行われてきましたが、現在、動物看護師資格を発行する主要5団体が中心となって、その第一歩ともいえる第三者機構による全国統一動物看護師試験が実施されています。当校はこれまでも動物看護師資格発行の主要5団体の一つ、公益社団法人日本動物病院福祉協会(JAHA)の指定校として活動してきましたが、その動きにいち早く対応しカリキュラムなどの整備に努め、万全の資格試験対策で、全員の合格を目指します。

ページ上部へ戻る