動物看護学科

クライアントと獣医師を結ぶ、動物病院の中心的な仕事です。

動物看護

人間が通う病院に、医師の他に看護師がいるように動物病院にも、獣医師に加えて、「動物看護師」がいます。現在は動物病院のなくてはならない存在になっています。獣医師のアシスタント的な役割をこなすことはもちろん、動物病院の中の業務が円滑にすすむようにつねにこまやかに気を配っていかなければなりません。

活躍の場は受付、待合室、診察室、検査室、手術室、入院室と動物病院のすみからすみまで。傷ついたり、病気になった動物たちの種類を問わずいたわり、適切に処置してあげなければなりません。また家族同様のペットが病気になった場合、飼い主もたいへん不安な状態にあります。獣医師との間に立ち、しっかりとケアすることも大切な仕事です。

 

やさしい心と思いやりを、現場で活かせる技術に開花。

動物病院には、いつどんな状況の動物がやってくるかわかりません。どんなときも冷静かつ迅速に獣医師をサポートし、適切な処置を行うことが動物看護師の役目です。そのためには、獣医学を中心とした幅広く高度で専門的な知識が必要とされます。また、動物にとってはもちろん、飼い主にとってもよい動物看護師になるためには、飼養管理やしつけなど、動物学全般に関する知識を身につけることも大切です。
2年という短い期間の中で、密度の濃い授業が行われます。

ページ上部へ戻る